牛乳 コレステロール

sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

牛乳 コレステロール

牛乳のコレステロールの関係も気になるところです。
牛乳はカルシュウムがとれるので、毎日とりたい食品ですが、
コレステロールとの関係はどうでしょうか?

Q: 生クレームやアイスクリームの食べ過ぎはコレステロールが上がって
    しまいますが、その原料である牛乳はどうでしょうか?

A:牛乳に含まれているカゼインがコレステロールを増やします。
  しかし、コレステロールをへらして免疫を高めるラクトフェリンや
  γグロブリンのタンパクも含まれています。
  カルシュウムも含まれています。

  1日200mlにはコレステロールが24mg含まれています。
  1日200mlを目安で飲むのがいいでしょう。

   LDLコレステロールが多い人は、低脂肪の牛乳がいいとされています。
  低脂肪のコレステロールは200ml中6mgで普通の牛乳の半分です。

 乳製品の生クリームやアイス・チーズなどはコレステロールを多く含むので
 食べ過ぎないように注意しましょう。
 
関連ページ
卵とコレステロール
牛乳とコレステロール
豆乳とコレステロール
ヨーグルトとコレステロール イカとコレステロール
エビとコレステロール
納豆とコレステロール
大豆とコレステロール アーモンドとコレステロール
ごまとコレステロール お酒とコレステロール
甘いものとコレステロール
外食とコレステロール

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ