sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

コレステロールと病気

コレステロールと病気について。
LDLとHDLの働きのバランスにより、コレステロールは一定に保たれて
いますが、食べ過ぎや食生活の偏り、運動不足などで、LDLコレステロール
がふえると病気になりやすくなります。

 

LDLコレステロールが血液中にふえすぎると、血管壁に入りこむように
なります。血管壁に入ったLDLコレステロルは酸化されて、酸化LDL
コレステロールになります。これは血管壁内でコレステロールの塊となり
動脈硬化が進行します。

動脈硬化が進行すると、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などのリスクが
高まります。

一方、HDLがへると動脈硬化が進行します。
HDLは血管壁にたまったコレステロールを回収しますが、HDLが減る
と回収が少なくなるので、動脈硬化が進行します。

LDLコレステロールをふやさないようにして、HDLコレステロールを高める
ことが病気予防になります。
関連ページ
コレステロールとは?(そもそも何なんでしょうか?)

LDLコレステロールとHDLコレステロール(違いは何でしょうか?)

コレステロールと中性脂肪の関係(似ているようでいまいちよく分からない)

コレステロールの生合成(食事を気をつけているけど合成は?)

超悪玉コレステロールって何?(なんかものすごく悪そう)

コレステロールと病気(どんな病気になるの?)

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ