sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

コレステロール対策の特効食品の作り方

毎日の食生活の中で、コレステロールを下げるのによい特効的な
食品があったら、積極的に取り入れたいですね。

 

全体的には、コレステロールを下げる食品や、
コレステロール改善のための食事10ケ条で述べていますが、
ここでは特に、コレステロールを下げる特効的な玉ねぎの食べ方を紹介します。

 

コレステロール対策の特効食品の作り方

 

玉ねぎの酢づけ

 

1. 玉ねぎを2個スライスする

 

2. スライスしたのを10分位おく

 

3. リンゴ酢をかけてひたひたにする→保存容器にいれる

 

4. 毎日食べる

 

リンゴ酢でも甘いのと、酸っぱいのがあります。
毎日食べるには、甘いのがいいです。
1日に50g(玉ねぎ1/4)位がいいようです。

 

玉ねぎの酢づけでコレステロール対策の訳

 

玉ねぎには抗酸化作用のある物質が含まれています。
それは、ポリフェノールの一種のケルセチンです。

 

ケルセチンは、血液をサラサラにして血栓ができるのを防いだり、
血管を広げる働きがあり、動脈硬化を防いでくれます。

 

又、玉ねぎには硫黄を含んだ成分があり、これにはコレステロールを
下げる働きがあります。

 

玉ねぎはコレステロールを下げて、動脈硬化を予防するという一石二鳥の
働きがあるので積極的にとりたれたいですね。

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

関連ページ

コレステロールを下げる食事最大のポイント
コレステロールを下げる食事最大のポイントは
コレステロールをへらす調理の工夫
コレステロールをへらす調理の工夫についてですが、余分な脂は抜く