sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

超悪玉コレステロールって何?

LDLコレステロールがふえすぎると動脈硬化が進行して心筋梗塞や
脳梗塞の発生のリスクが高まります。
これはDLDコレステロールが活性酸素で酸化されることにより、血管の
壁に蓄積されてしまうからです。 酸化されたLDLコレステロール以外にも動脈硬化を進行させるコレステロール
が発見されています。
それは小型LDLです。

小型LDLはLDLのサイズが小型化したもので密度も高く
最も悪い悪玉で超悪玉コレステロールと呼ばれています。
その理由は動脈硬化をより強く促進します。

■超悪玉コレステロールとは
1.血液の中に長くとどまる
 普通のLDLは2日で肝臓に取り込まれるが超悪玉コレステロールは
 5日間 血液中にとどまる。血管壁に入り込んだり酸化されやすい
 チャンスがそれだけ多くなる。

2.LDLに比べて酸化されやすい

3.サイズが小さいので血管壁に入りやすい

4.動脈硬化が非常に進みやすくなる

通常のLDLと小型LDLは誰でも持っているそうですがどちらを多く
もっているかによって2つに分けられます。

バターンA 通常のLDLが多い
パターンB 小型LDLが多い

小型LDLをたくさんもっている方の方が心筋梗塞を起す危険度
が2〜3倍になります。

LDLが小型化しているかどうかは血液検査で測定できます。
健康診断の血液検査時に小型LDLを調べてもらうようにリクエストする
こともできます。
中性脂肪が多い人は脂質代謝に異常が現れてLDL
が小型化して小型LDLが増えてきます。
ですから中性脂肪も増やさないようにすることが大事です。

関連ページ
コレステロールとは?(そもそも何なんでしょうか?)

LDLコレステロールとHDLコレステロール(違いは何でしょうか?)

コレステロールと中性脂肪の関係(似ているようでいまいちよく分からない)

コレステロールの生合成(食事を気をつけているけど合成は?)

超悪玉コレステロールって何?(なんかものすごく悪そう)

コレステロールと病気(どんな病気になるの?)

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ