n-3系 と n-6系って何?

sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

n-3系 と n-6系って何?

コレステロールの多い人は油のとり方が大事です。油は3種類
に大きく分けられますが、そのうちの多価不飽和脂肪酸はさらに
n-3系脂肪酸とn-6系脂肪酸に分けられます。


■ n-3系脂肪酸に属する主な脂肪酸は次のものがあります

α-リノレン酸 ------しそ油 えごま油 ---高血圧や心疾患を予防する

EPA(エイコサペンタイン酸)--- さば まいわし ぶり さんまなど---血栓を予防する
                                           中性脂肪を減らす

DHA(ドコサヘキサエン酸)---さば ぶり はまち まぐろの脂身---
脂肪やLDLコレステロールを下げたり、血圧も下げて高血圧を防ぎます

■ n-6系脂肪酸に属する主な脂肪酸は次のものがあります

リノール酸----大豆油・・サフラワー油・ごま油・コーン油
 これらはLDLコレステロールをへらします。
 でも摂りすぎると善玉のHDLコレステロールもへらします。
 又、アレルギー性疾患にもなりやすくなるので注意して
 ください。

γリノレイン酸----月見草油
 LDLコレステロールをへらします
 血圧を低くします

n-3系 と n-6系は1:4でとるのがのぞましいと言われています。 

関連ぺージ
n-3系DHAとEPA注目の働
 

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

関連ページ

油のとりかた
お肉やバターなどには飽和脂肪酸がふくまれていてとりすぎると動脈硬化を促進します
n-3系 DHAとEPA 注目の働き
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペン タイン酸)は、で善玉のコレステロールを増やし、中性脂肪を減らす効果があります。