コレステロールを下げる食事最大のポイント

sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

コレステロールを下げる食事最大のポイント

コレステロールを下げる食事最大のポイントは何だと思いますか?
コレステロールが多く含まれる食品を控える
あるいは、脂を控えることでしょうか?
コレステロールを下げる食事最大のポイントは
それは*******

腹八分目です

お腹いっぱいに食べていると食事量が多くなり、総コレステロールも増えて
しまいます。食事からのコレステロールの吸収が増えてしまいます。
体重が1Kg増えると体内でのコレステロール合成が200〜300mg増えて
しまいます。
では1日に適正な食事はどのくらいでしょうか?
次の計算式からあなたの1日の食事を計算してみてください。

1日の適正にエネルギー摂取量の計算のしかた

まず標準体重を出します。
標準体重=身長(m)×身長(m)×22

標準体重×身体活動量(Kcal/Kg)=1日のエネルギー摂取量(Kcal)

身体活動量は次から選んでください。
軽労働の人 (デスクワークや主婦) 20〜30Kcal/Kg
普通の労働の人(立ち仕事が多い) 30〜35Kcal/Kg
重労働                   35〜Kcal/Kg

身長155セpの主婦であれば
1.55×1.55×22=52.85
52.85×25=1321Kcal

1321Kcalが1日の適正エネルギー摂取量となります。

体重が1Kg減ると総コレステロールが10mg減るといわれています。
カロリーの計算はできても実際には何カロリーとっているかわからない
ですね。それにはやはり腹八分目にしておくのがいいです。

腹八分目がもの足りない人は
よくかんで(1口30回)でゆっくり食べてください。

 

 

腹八分目の食事を1日3回、バランスよく摂り、コレステロールの
多い食品を抑えて、それを毎日続けてください。

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

関連ページ

コレステロールをへらす調理の工夫
コレステロールをへらす調理の工夫についてですが、余分な脂は抜く
コレステロール対策の特効食品の作り方
コレステロールを下げるには、コレステロールを下げる食事や運動をして本気で対策をしましょう