sponsored link

コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

油のとりかた

油のとり方ですが、コレステロールの多い人は動物性脂肪がどうも
多いようです。お肉やバターなどには飽和脂肪酸がふくまれていて
とりすぎると動脈硬化を促進します。

油は健康を維持するうえで1日に20〜25%が必要です。
155pの主婦の1日の適正な摂取カロリーは1321Kcalですので
油は約260〜330Kcalとなります。
油は1g = 9Kcalなので
28g〜36gとなります。これが1日にとる油の目安です。

これ以上とると摂りすぎになりコレステロールの材料になるので
油は25%以上にならないように気をつけましょう。

■3種類の油をバランスよくとろう

油には次の3種類があります。
● 飽和脂肪酸
  牛や豚の脂 ・バター
● 一価不飽和脂肪酸
 オリーブ油・キュノーラ油・アーモンド・鶏肉の脂・菜種油
● 多価不飽和脂肪酸
 大豆油・・サフラワー油・ごま油・コーン油
 さば・いわし・まぐろ・ぶり・さんま 

コレステロールが高い人は飽和脂肪酸は摂りすぎないようにして、
不飽和脂肪酸は不足しないようにしましょう。
脂質の割合は以下のバランスでとるのがいいとされています。

飽和脂肪酸 :一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸
    1          :       1.5           :    1

なかなかこういわれても毎日の生活ではうまくいきません。
大まかに考えて
固まっている油(肉やバター)をへらして
液体の油を主に使うようにして
さらに魚などからも油をとってみようでいいと思います。

 

コレステロールを下げる油がトクホでででいます

LDL(悪玉)コレステロール対策に大正製薬のトクホ青汁
悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の青汁です。

sponsored link

その他コレステロール改善対策商品一覧はこちらへ

関連ページ

n-3系 と n-6系って何?
多価不飽和脂肪酸はさらに n-3系脂肪酸とn-6系脂肪酸に分けられます
n-3系 DHAとEPA 注目の働き
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペン タイン酸)は、で善玉のコレステロールを増やし、中性脂肪を減らす効果があります。